どのペアを組み合わせるか

腐れ坊主の説法教科書 > ニュース > どのペアを組み合わせるか

どのペアを組み合わせるか

2014年12月 8日(月曜日) テーマ:ニュース

「スプレッド」とはFXは通貨ペアを取引して収益を狙う商取引です。

 

売買の値は二十四時間動いています。

 

それが為替です。

 

ラジオのニュースを聞いていると、為替の情報が流れる場面があります。

 

よく見かけるのが、「今日のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

 

要するに、売り買いには買値と売値の値が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと提示しているFX会社も存在しています。

 

通常は売値のほうが買値よりも低くなるものです。

 

投資家が買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

その差分をスプレッドといい、FX取引会社の儲けといわれています。

 

スプレッド幅は会社によって異なります。

 

スプレッドの差は投資家にとって負担になるので小さいFX業者を選んだほうが優位です。

 

ただ、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの狭さは変わります。

 

仮定として平常時はドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差でも市場の動きがかなり激しいときには大きくなります。

 

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同じく変化が小さい事が不可欠です。

 

この頃では決まったスプレッドを提示するFX取引会社もあります。

 

現実に業者の取引画面の中で本当の為替相場を調べなければ見分けられないのですが、大切な事です。

 

多額の財産を投資して売り買いするわけですから売り買いの前に興味を持った業者の新規口座開設をどんどんしてスプレッドの差を実感しましょう。

 

同じ通貨の組合せその場面での相場の条件によって、外貨のスプレッドの狭さは変わります。

 

通常、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドが小さく、その他のペアではスプレッドの幅が拡大する傾向にあります。

 



関連記事

どのペアを組み合わせるか

どのペアを組み合わせるか

2014年12月 8日(月曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)