契約書とは

腐れ坊主の説法教科書 > > 契約書とは

契約書とは

2014年12月24日(水曜日) テーマ:

今まで融資を受ける場合に借入れの契約書を4,5回ほど書きました。
銀行からの融資がほとんどでいたが、自分の会社からの借入れの時も確か一度あったと思います。
税金の対策のためだったと思いますが今ははっきり覚えていません。
しかし経営者なので自分で製作して自分で印鑑をを押して、パソコンで
インターネットの専門のサイトを参考にして借入の契約書を作ったのを覚えています。それを契約している会計事務所の税理士と相談をしながら許可ももらい借入れましたが、 いちばん面倒だったのが借入れの利息ですね。 それを決めるのに税理士と相談したのを覚えています。 当然安くしたいのですが安すぎては税務署に指摘されますので一般のその当時の標準より少し低い程度で決着がつきました。 自分の会社はあくまでも自分のものではないということで、法人の会社から個人が借りるということになるのですね。 時々そのような問題が起きますがそこは厳しく区別すべきですね。
また、こちらでは専業主婦のためのカードローンの選び方をお教えします。



関連記事

そこまで認知度のない消費者金融会社だと...。

そこまで認知度のない消費者金融会社だと...。

2017年2月14日(火曜日)

足の毛穴がブツブツに!どうしてこんなになっちゃったの!?

足の毛穴がブツブツに!どうしてこんなになっちゃったの!?

2015年1月 3日(土曜日)

女性の薄毛の悩みについて

女性の薄毛の悩みについて

2014年12月27日(土曜日)

プロポーズをどれだけ頑張るか

プロポーズをどれだけ頑張るか

2014年12月27日(土曜日)

1年も練習すれば人並みになれる

1年も練習すれば人並みになれる

2014年12月26日(金曜日)